車 お得に乗るには

車をお得に乗るというのは、購入する時から、愛車に乗る間、メンテナンスをする時、車検、保険、事故、下取りに出す時、廃車にする時迄、長い期間の日々の買い方、支払いの仕方等で料金の差がかなり出て来ます。

 

経済的にゆとりがあってお金はどこまでも出す事が出来る状況であれば車をお得に乗る事を考える事すら、時間の無駄になって来ると思いますが、ほぼ9割の方は仮に同じ事をして1万円、2万円と開きが出るなら、安い方を選びたいものです。

 

そこでこのサイトでは、車の大百科辞典という名の通り、広い範囲であなたが車にお得に乗る為の記事を記載していきます。

 

ほんの少し知識があるかどうか、知ってるか知らないかだけでも、あなたが取る行動は変わって来ますので、日々使う車をお得に乗る方法を少し知るだけでも生涯長い年月立てば、雲泥の差となり支払額も大きく変わります。

 

そうなって来ると、日々の楽しみも、車をお得に乗って安くなった分、別の楽しみに使う事が出来ますし、お金の支払いが少ない分家計どころか、先々の余裕すら変わって来ます。

 

ですので、このサイトに書かれてる知識を少しずつ知っていかれて、損する事の無い車生活の日々を手に入れて下さい。

 

車をお得に買うには

車をお得に買うにはどうしたら良いのか?

 

買い方は何パターンかあります。

 

新車で買う、カーリースで乗ってある程度乗ったら買取りのパターン、中古車で市場で買う、オークション等の個人間で買う等さまざまな方法がある分けです。

 

中古やオークションDえ買う方がコスパが良いに決まっていると思われる方も多いと思いますが、実は安く買う方法はその人が置かれてる立場によって違っていて、ある人は新車や中古車で買うのが安いという場合もあれば、ある人は、オークション等を使って買うのがお金が節約出来るという人もいます。

 

車両税、オートローンの金利、自賠責保険、任意保険等を考慮した上で以下で確認していきます。

 

まずお勤めの方の場合、車を買う際現金一括では無い場合は、ローンが出来るだけ金利安いものをつかった方が良いです。

 

どこからお金を借りるかにも寄りますが、一番安いのは銀行、その次が車屋さん等がやってるローン、そして信販系のローンになります。

 

もちろんこれらは審査もありますので、場合に酔っては大体どこの審査もなかなか難しくてという場合もあります。

 

そういう場合は車をお得に乗る所から少し遠ざかりますが、高い金利の所と契約するしか無いのですが、まずは金利安い銀行の窓口で相談して何社か回ってみるのがおすすめです。

 

車をお得に乗るには新古車

マイカーを入手する際、新車じゃないと絶対嫌という強いこだわりが無ければ、新古車の方が新車と比較して安くなります。

 

車両が展示様に使われてた車等は、新車と中身のキレイさはほぼ変わらない状態で、ただ展示してる間にお客さんがクルマにのられたり、試乗されたりした車なだけで、コスパに優れ新車の市場価格よりも、安くなっています。

 

走行距離もほとんど走っておらず100キロもいってない事が多いです。

 

 

また新古車は常時ある訳では無く、決算期等はディラーさんも車を売るノルマがありますので、そのノルマが達成出来ない時等は、中古車市場に新古車を売る事があります。

 

新古車を中古車販売店に売ってでも売上をあげたい場合があり、この台数迄販売出来たら、マージン〇%というくくりがあります。

 

あと数台でこのレベル達成するのに、そしたら販売マージンがもっと増えるのにという場合は中古車市場に流してでもマージンが上がる方が自動車販売店さんは総入金額が多くなる事があるのです。

 

そういう決算期には新古車が沢山出てきます。

 

決算期は会社によって様々で、3月、9月が多いのですが、その翌月の4月、10月等に新古車が値引きされて出て来る事が多いです。

 

その他は、中古車屋さんも皆がボーナスを盛らXTぐて車を買いに来てくれる人が増えるタイミングに合わせて新古車を台数多く仕入れて展示してる事が多いです。

 

自動車販売店さんや中古車屋さんに良くして貰ってる知り合い等がいらっしゃる場合は、先にこの車で新古車で買いたいと伝えておくのも、車をお得に買うポイントのひとつになります。